産婦人科

dept_all

基本情報

特色

産科では、地域の妊婦さまや里帰り分娩希望の妊婦さまに加え、滋賀県の総合周産期母子医療センターとして、母体搬送やハイリスク妊娠の外来紹介を受け入れています。新生児科の医師や助産師など多種の院内スタッフと常に連携をとりながら、母児にとって最も安全な分娩を提供できるように努めています。また合併症を持っておられる妊婦さまには、必要に応じて専門的な他科医師の診察を受けてもらいながら一緒になって周産期管理を行っています。

総合周産期母子医療センターの詳細はこちらをご確認ください。

婦人科では、地域の先生方から貴重なケースをご紹介していただくことも多く、患者さまが十分納得された上で最適の手術・治療を受けていただけることを常に心がけています。どの患者さまにも、医局員が同じ目線で向き合えるように連日のカンファレンスを通じるなどして統一性をとれる対応を整えております。

1.婦人科診療

良性疾患(子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣腫瘍など)

可能な症例には保存療法(子宮筋腫・子宮内膜症に対するホルモン療法など)で対応し、手術をしなくてすむように努めております。手術が必要な場合や手術を希望される場合は、できる限り侵襲の少ない手術(腹腔鏡下・子宮鏡下・腟式)を提示させて頂いております。短時間の腹腔鏡手術には臍部単孔式や脊椎麻酔下吊り上げ式を用いており、術後1~3日での早期退院が可能です。脊椎麻酔下吊り上げ式は他院ではほとんど行われておりません。

悪性腫瘍(子宮頸がん、子宮体がん、卵巣がんなど)

毎年、子宮頸がん10-20例、子宮体がん10-20例、卵巣がん10-20例の新規患者を治療しております。悪性腫瘍の治療は手術療法・化学療法(抗がん治療)・放射線療法などを組み合わせた集学的治療を積極的に行っております。早期がんで適応があれば、妊孕能を温存する治療も行っております。腹腔鏡下子宮頸がん手術、腹腔鏡下子宮体がん手術、早期子宮頸がんに対する広汎性子宮頸部切除術(トラケレクトミー)などの新しい医療も導入して、患者さまの生活の質(QOL)をできるだけ維持しながら、治療成績を向上させることを目指しています。腹腔鏡下子宮頸がん手術・腹腔鏡下子宮体がん手術については施設認定を受け、現在は保険診療で行っております。

女性ヘルスケア(月経関連疾患、更年期医療、骨盤臓器脱)

最新のガイドラインに基づき適正なホルモン剤(低用量ピル、子宮内黄体ホルモン放出システムの挿入、ホルモン補充療法)、漢方薬の投与を行っております。骨盤臓器脱(子宮脱・膀胱瘤・直腸瘤)に対しては、病状及びご要望に応じて保存療法あるいは手術療法を選択しております。

不妊治療

濃縮精子を用いた人工授精までの不妊治療を行っております。体外受精が必要と判断される場合には、ご希望に応じて近隣の不妊クリニックを紹介しております。

2.周産期医療

当院は総合周産期母子医療センターに指定されており、あらゆるハイリスク妊娠に対応できる体制を常備しております。年間総分娩数は約400-500件ですが、母体搬送の受け入れは約80-100件に達し、滋賀県全体の約1/4を引き受けております。切迫早産、妊娠高血圧症候群、前置胎盤、多胎妊娠、妊娠糖尿病など産科疾患の治療を幅広く行っています。重症化した場合でも母体胎児集中治療室(MFICU)を完備しておりますので管理も行いやすくなっています。内科など他科疾患を合併されている妊婦さまには他科との連携で対応しております。この10年間で母体死亡は0であり、同じ施設内の未熟児センターとの緊密な連携のもと、出生児の予後も全国レベルに達しております。

里帰り分娩を希望される方へ

最初に妊娠20週前後に一度当院産婦人科を受診して下さい。その際、必ず紹介状をお持ち下さい。後の流れについて詳しく説明させていただき、分娩予約を取らせていただきます。 里帰りは遅くとも妊娠34週までに必ず受診して下さい。ただし、異常が指摘され、管理が必要な方、帝王切開が必要と言われた方は妊娠32週までに里帰りして下さい。その際、里帰りするまでの経過や検査データを持参して下さい。 里帰りの妊婦健診の外来予約は1か月前には電話予約して下さい。希望日の2日前までは予約ができますが、ご希望の予約枠が取れないことがあります。万が一、予約が取れなかった場合は当日受診も可能ですが、待ち時間が長くなることをご了承下さい。

お問い合わせ

  • 担当:4階ブロック受付
  • 対応時間:14:00〜16:00
  • TEL:077-522-4131(代表)

診察券番号・氏名・希望日時・希望医師をお伝え下さい。

当院産婦人科での見学を希望の研修医や学生さんへ

当院は基幹病院として大津赤十字病院専門研修プログラムの中で研修を行える体制でありますが、それに加えて京都大学産婦人科専門研修プログラムや滋賀医科大学産婦人科研修プログラムとも連携関係にあり修練医の受け入れを行っております。周産期専門医や婦人科腫瘍専門医を取得できる環境にもありますのでプログラム終了後の研修にも魅力がある病院だと思っています。熱意があって勉強好きで楽しい医師が集まっています。ご興味があれば日々忙しい中、助け合いながらがんばっている現場を一度ご覧になっていただくことをお勧めします。いつでもお待ちしていますので下記連絡先まで一報をお願いします。

お問い合わせ

平成31年度採用後期臨床研修医の詳細はこちらをご確認ください。