心臓血管外科

dept_all

基本情報

当科の特色

心臓血管外科は、心臓病(狭心症・心筋梗塞、弁膜症など)や、大動脈の病気(大動脈瘤、大動脈解離など)、手足の動脈・静脈の病気(閉塞性動脈硬化症、急性動脈閉塞、下肢静脈瘤など)を外科的に治療する診療科です。循環器内科と検討の上、薬物治療・カテーテル治療・外科手術の中から、それぞれの患者さんにとって最善の治療法を選択いたしております。できるだけ体への負担の少ない治療法、できるだけ合併症の少ない治療法であるとともに、長期にわたり患者さんに安心してすごしていただける治療法を提供できるように心がけております。
患者さんの早期社会復帰を目標とし、早期離床を行っております。また、80歳以上の高齢の患者さんに対しても、心臓や大動脈の手術を含め、安全な手術が行えるようになっております。